パソコン利用の玄人は、実はパソコンは新品で購入するよりも中古で購入することも結構多いんです。家電製品なんて、普通は中古よりも新品のほうがいいんじゃないかと思う人もいるのですが、実は一概にはそうとは言えないんですね。

■中古パソコンの利点について
中古パソコンは、もちろん新品のパソコンに比べると値段が安いという大前提的なメリットがあるのですが、それに加えて新品パソコンと比較してメリットになるひとつの要因が初期不良です。新品のパソコン、というのは実はごくまれに初期不良を起こすものがあったりするんです。

もちろん、たいていの場合は取り換えをしてもらうことはできますが、保障が切れてから初期不良に気づいてしまったりすると無料交換ができない場合もあります。しかし、中古パソコンの場合は既に問題なく利用していたという前の使用者がいるので初期不良がないことが多いのです。

■初期不良の面倒さ
初期不良ってそんなにデメリットになるのか、と思うかもしれませんがまずそもそも、初期不良というのは本体のパーツの異常が原因であることが多いです。そのため、改善するためにはパーツそのものをとり変えないとダメだということが多いんです。

つまり、自分で対処することができないので一々また発売元に送り返してから届くのをまたなければいけないなど、日数的なデメリットが大きいのです。

■まとめ
中古パソコン、というのは確かに経年での劣化が気になってしまいますが、言い換えれば既にテスターが利用していたということでもありますので、初期不良テストをしてくれた上に値段が安くなっているという見方をすることができるのです。こういうところを見据えて中古パソコンを選ぶ人も少なくはないのです。